弁護士特約と対物超過特約はつけておこう

自動車保険には、最低限入っておきたいと補償があります。
まず、対人・対物保険です。こちらは、被害者に対する保険なので、無制限で入っておいた方が良いです。
多くの人は、対人に関しては無制限に入っていますが、対物に関しては無制限に入っていない人もいるようです。

 

対物は、物に対する保険ですが、
信号機や電車などそうしたものが相手になると、1000万円を超えたりする場合も出てきます。
場合によっては1億を超えるような前例もあるので、最低限無制限に加入すべきです。

 

対物保険ですが、補償額もそうですが、特約も付けていた方がいいものがあります。

 

それは、対物超過費用特約です。
この特約は、対物保険の支払い対象となる事故で、
相手方の車に時価額を超える修理費が発生した場合に保険金を支払ってくれる特約になります。

 

この特約は、年式の古い車などにぶつけた時に有効な保険です。
例えば、年式の古いベンツなどの車にぶつけてしまったとします。
時価が30万円しかないのに修理が70万円かかるとしても、
特約に入ってなければ30万円しか保険会社から出ません。

 

こうしたケースの場合、足らない40万円分を加害者個人に請求してくる事も考えられます。
特約に入っていると、70万円まできちんと補償されます。
この特約は、時価価格+50万円まで補償されるので、もしものときに安心です。
ベンツなどの高級車は、修理代が高くつくので、無用なトラブルを避けるためにも入っているほうが良いでしょう。

 

この他には、弁護士特約も付けておきたいところです。
最近は、任意保険に加入していない人もいます。
そうした人にぶつけられて被害者になった場合は、この特約が有効です。

 

過失割合がある場合は保険会社が対応してくれますが、追突された場合などは、保険会社は動けません。
こうしたケースでは、被害者が加害者と直接話をしなければいけません。
そこできちんと話が付けば良いですが、上手くいかない場合は、裁判などを考えねばなりません。

 

そうした際には、弁護士特約に入ってれば、手出しが必要ありません。
金額に納得いかない場合などは、保険会社と裁判をすることもあります。
お守りのためにつけとくのもいいかもしれません。

 

特約には、色々な種類があるので、自分に必要なものを選ぶ必要があります。
この2つは、つけといて損はないので、おススメです。