自動車保険で重視したいいくつかのポイント

自動車を購入した若い方にどうしても伝えておきたいことが3つあります。

 

まず1つめ、
自動車の任意保険には必ず加入してください。
自動車買ってお金もないし、どうせ事故起こさないしと自動車保険に入らない人がいるそうです。

 

しかし、若い世代の自動車保険の保険料が高いのは、若い初心者に近い人だからこそ事故をおこすからです。
任意保険に入って事故を起した場合に関しては説明は割愛しますが、自分自身の人生に悲劇が待ってますよ。

 

若いうちから加入しておいて事故をおこさなければ、等級が上がり保険料も安くなっていきますから、
早いうちに入って無事故実績を積むことで将来の保険料の節約にも繋がりますし、
車を持ったら、任意保険には絶対に加入するようにしましょう。

 

※等級について詳しく知りたい方はこちらのサイト

 

2つ目は、
保険料が高くなりますが、親の知り合いの保険代理店などで自動車保険を選んでください。
事故を起してしまったとき、知り合いの代理店経由や、知り合いの保険屋さん経由の自動車保険だと
担当者が事故の示談、そして事故を起したあなた自身にも対応が良く、事故の解決への時間が早くなります。

 

事故を起して落ち込んでいるとき、担当者に投げやりな態度で接せられたら精神的にも落ち込みますよね。
自動車保険は選べないのですが、担当者次第できまると言っても過言ではないのですよ。

 

最後にお勧めしたい特約です。
自転車に乗っているのであれば、自動車保険に自転車特約の有無を確認してください。
今自転車事故も起こすと高額な賠償を請求されます。
自動車保険に自転車の保険も付加できる場合付加すると、比較的割安で自転車の保険に加入できます。

 

もうひとつお勧めの特約は弁護士特約です。
実は、自動車保険は事故を起こしたときに、事故の担当者が示談交渉を代行してくれます。
ただし例外があってもらい事故にあった場合などは示談交渉をしてもらえず、
自分自身が事故相手と交渉することになるのです。

 

もし、大きな事故で車が廃車になる、何ヶ月も鞭打ちが継続しているなんてなっても、
自分で交渉する自信はないと思います。そんな時、弁護士特約が付いていれば弁護士さんが色々な手段を講じてくれます。

 

できれば使いたくない自動車保険。しかし運転する人間にとって自動車の任意保険は義務だと思います。
しかしお金もかかるし、せっかくお金を払うなら、
自分にとって本当に役に立ち保険屋さんを、掛け金以外の観点からも選んでみてくださいね。