ダイレクト型と通販型の自動車保険

自動車保険には自賠責と任意と2つの種類があります。

 

自賠責保険は必ず加入が必要ですが、死亡1人につき3,000万円までと補償に限度額が設けられています。
死亡交通事故ともなると高額訴訟になる事案も多く、自賠責保険だけではリスクを賄いきれない場合があります。

 

そんな自賠責保険で補償しきれない部分を補う役割があるのが任意保険です。

 

任意保険は様々な保険会社から販売されており、
大まかに分けて代理店型と通販型(ダイレクト型)の2種類があります。

 

代理店型は代理店を通して保険会社と契約する形の従来のタイプです。
それに対して通販型はインターネットを通して保険会社と契約する新しいタイプの自動車保険です。

 

自動車保険には補償内容をご本人に合ったものにすることが大切ですが、
代理店型は保険の担当者に直接相談することができます。

 

通販型はインターネットや電話で、いつもでもご本人の都合のいいタイミングで見積もりや申込みができますが、
その代わりにある程度はご本人で知識を集めて、補償内容を選択する必要があります。
代理店型より店舗にかかる経費や人件費などの経費が抑えられるので、
それだけ保険料が安くなっているのが最大の魅力です。

 

最近では通販型自動車保険の一括見積もりサイトが開設されていて、
1つのサイトからまとめて複数の自動車保険の見積もりを申し込んで比較することができます。
ご本人に合った補償内容で一番安い保険料の自動車保険に加入することができます。

 

通販型の保険料にはCMでおなじみの走る分だけの保険料、どれだけ走っても変わらない保険料があります。
普段あまり走行しない方は走る分だけ、よく走行する方はどれだけ走っても変わらない保険料を選ばれるとお得です。
ちなみに走行距離は自己申告するだけで、保険会社が直接調べに来るわけではありません。
予想したより乗りすぎてしまっても、保険会社に連絡すれば補償が受けられます。